野球人.com

TOPメジャーリーグ ≫ 2014年、ブレイクを果たした選手たち ~その3~ 【デリン・ベタンセス】野球人No.720

2014年、ブレイクを果たした選手たち ~その3~ 【デリン・ベタンセス】野球人No.720

Dellin Betances 2014年ブレイク特集 

【1】今日の野球人
[選手名]デリン・ベタンセス
[ポジション]ピッチャー
[チーム]ニューヨーク・ヤンキース
[背番号]68
[生年月日]1988/3/23 26歳


引き続き、2014年にブレイクした選手
をチェックしていきたい。



オフに約5億ドルをつぎ込み、並々ならぬ
意気込みでシーズンに臨んだヤンキース。
しかし、結果は2年連続のプレーオフ逸。



当初から懸念されていた、脆弱な先発陣。
結局、規定投球回数をクリアできたのは、
39歳の黒田だけ。先発の頭数が足らず、
マッカーシー、フェルプス、キャプアーノ等で
なんとか凌いだものの、役不足の感は
否めなかった。

CC Sabathia 2014年総決算ヤンキース

ヤンキースは常に勝利を義務付けられている
チームだ。『再建期』という名目の元、
勝利を捨て、コツコツと若手を育成する、
などという事は、絶対に許されない。



そういったチームの性質上、成長途上の
若手有望株というのは、どうしてもトレードの
駒になりやすい。ヤンキースで若手が育ち
にくい理由の一つである。



そんな状況の中、何とも逞しい若手が
大ブレイクを果たした。そう、メジャー
4年目のデリン・ベタンセスだ。

Dellin Betances 2014年前半戦覚醒2

2mを越える堂々たる体躯から繰り出す
ボールは威力抜群。元々ヤンキースの
トッププロスペクトであったのだが、
イマイチ伸び悩んでいた。



そこで、2013年に先発からリリーフへと
転向。さらに新しい球種『スラーブ』
(カーブとスライダーの中間のような球種)
の取得をきっかけに、才能が一気に開花した。
2014年は、クローザーのロバートソンへ
繋ぐ、トップセットアッパーへと成長。



結局、70試合に登板し、

90イニング 5勝0敗 防御率1.40
135奪三振 被打率.149
WHIP0.78

という、抜群の成績。



特質すべきはやはり奪三振の多さ。
135奪三振を記録し、あのマリアノ・リベラ
救援最多奪三振のチーム記録を更新した
のだ。オールスターに出場し、相手の警戒が
増した後半戦も、成績を落とすことなく、
奪三振の山を築いた。

Dellin Betances 2014年前半戦覚醒3

今オフは、クローザーのロバートソンが
移籍し、今年はいよいよ守護神に起用される
可能性が高い。



リベラの代名詞は『カッター』であったが、
ベタンセスの武器は『スラーブ』。果たして
リベラの『真の後継者』と名乗る事ができる
のだろうか?



ヤンキースの命運を握るのは、この男かも
しれない。




【2】編集後記

今日はマリオットホテルのカフェで

打ち合わせをしたのですが、

当たり前ですが、やはり居心地は

良いですね(笑)

ファミレスに比べて値段は

高いですが、雰囲気のよさと

一流のサービスがプラスされ

ますので・・・。

たまには使ってみたいと思います^^

Comment

はじめまして<(_ _)>
編集
MLB CARD GEN New York Yankees こと SUPER STAR JAY です。これから拝見させていただきます。よろしくです。
2015年01月16日(Fri) 20:11
Re: はじめまして<(_ _)>
編集
>NEWYORKER さん

コメント有難うございます!
こちらこそ、宜しくお願いします!
2015年01月16日(Fri) 23:35












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31