野球人.com

TOPスポンサー広告 ≫ 2014年、ブレイクを果たした選手たち ~その7~ 【カルロス・カラスコ】野球人No.724TOPメジャーリーグ ≫ 2014年、ブレイクを果たした選手たち ~その7~ 【カルロス・カラスコ】野球人No.724

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-) Trackbacks (-) スポンサー広告

2014年、ブレイクを果たした選手たち ~その7~ 【カルロス・カラスコ】野球人No.724

Carlos Carrasco 2014年ブレイク特集3 

【1】今日の野球人
[選手名]カルロス・カラスコ
[ポジション]ピッチャー
[チーム]クリーブランド・インディアンズ
[背番号]59
[生年月日]1987/3/21




昨日に引き続き、インディアンズで
ブレイクを果たした選手たち。



2014年のインディアンズは、
投手ではコリー・クルーバー、野手では
マイケル・ブラントリーのブレイクばかりが
目立ったが、この男を忘れてはならない。



長らくトップ・プロスペクトとして期待され
続けてきた、カルロス・カラスコだ。

Carlos Carrasco 2014年ブレイク特集5

2003年に16歳でフィリーズと契約。
長い手足に広い肩幅持ち、投手として非常に
恵まれた体型である。マイナー時代から
将来のエースとして期待され、着実に
ステップアップ。



カラスコの転機は2009年に訪れた。
インディアンズは球団再建の為、サイヤング賞
左腕のクリフ・リーの放出を画策。そこで
白羽の矢が立ったのが、フィリーズの
マイナーで投げていたカラスコ。
インディアンズは当時22歳のカラスコを、
球団再建の柱として獲得した。



しかし、待ち受けていたのはメジャーの壁。
インディアンズ加入後、すぐにメジャー
デビューを果たしたが、結局メジャーに定着
できたのは2011年。



そしていよいよ才能開花かと思われた矢先、
右ひじを故障。トミー・ジョン手術を受ける
羽目となった。

Carlos Carrasco 2014年ブレイク特集4

この時点で誰もが、

『リーと、カラスコのトレードは、
インディアンズの大失敗』

と判断した。もちろんリーの方は大活躍。
フィリーズの最強先発陣の一人となっていた。



ファンも既にカラスコには期待していなかった
だろう。しかし2013年に監督に就任した
テリー・フランコーナは、辛抱強くカラスコを
起用した。



そして2014年の後半戦、カラスコ才能は
完全に開花した。スライダーの比率を増やし、
尚且つ制球を重視。同僚のクルーバーの
活躍に刺激を受けたのか、抜群の安定感を
披露。終わってみれば後半戦防御率1.72
両リーグの先発No.1。長らく期待され
続けた男が、ようやくブレイクを果たした。
ちなみに来季は、クルーバーに続く
先発2番手の座を確約されている。

Carlos Carrasco 2014年ブレイク特集

大物投手とのトレードから、既に5年が
経っていた。そして交換相手のリーは、
36歳となり、徐々に故障が増えてきた。



『リーと、カラスコのトレードは、
両チームにとって大成功』



これからの活躍次第で、この様に
世間の評価を変える事だってできる。
カラスコの今後に期待しよう。




【2】編集後記

松坂投手がソフトバンクの入団会見

を行いました。

昨年もメジャーでは主に救援登板。

『救援の難しさは感じましたけど、そこに

やりがいを感じることはできなかった』


との事。

良くも悪くも、松坂は先発に強烈な

こだわりを持っています。

今シーズン、松坂投手はどのような

投球を魅せてくれるのでしょうか。

本当に楽しみですね。

Comment

編集
お久しぶりです! シャーザーやっと決まりましたね。 ナッツはジマーマンかストラスバーグあたりをトレードするんですかね?NYYファンとしては他に決まってくれて良かったなと思います(^^;;
2015年01月19日(Mon) 14:50
Re: タイトルなし
編集
>RYUKI さん

コメント有難うございます!

いやぁ~、ついに決まりましたね~。
しかしナショナルズとは意外でした。

おっしゃる通り、先発陣の誰かを
トレードしそうですね。
ナショナルズは非常に強力なスタッフ
が揃ってますからね!

残るはシールズ。争奪戦ですね!
2015年01月19日(Mon) 17:50
No title
編集
クルーバー、ブラントリーに続きカルロス・カラスコ、ピックアップする12人の内3人がインディアンズの選手ですね。
こう次々と有望株がブレイクしていく様は、贔屓チームでなくてもワクワクします。
もしかしたら2014年のロイヤルズのようにサプライズを起こせるかもしれませんね。

シャーザーはナッツと長期大型契約のようですね。
指名打者制のないナ・リーグで、今期以上の成績が望めるかもしれませんね。
これで大物残るはシールズ。
好きな選手の1人ですし、早く決まって欲しい!
2015年01月19日(Mon) 21:36
Re: No title
編集
>daiさん

コメント有難うございます!

インディアンズは若手の成長が目覚ましい
ですね!『乗せ上手』のフランコーナの
手腕もあるのでしょうね。

いやぁ~、シールズの契約も楽しみですね。
私もシールズの闘争心溢れるピッチングは
大好きです!
来季も大舞台で投げてほしいですね!
2015年01月19日(Mon) 22:54












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。