野球人.com

TOPスポンサー広告 ≫ 2014年、ブレイクを果たした選手たち ~その11~ 【ジェシー・チャベス】野球人No.728TOPメジャーリーグ ≫ 2014年、ブレイクを果たした選手たち ~その11~ 【ジェシー・チャベス】野球人No.728

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-) Trackbacks (-) スポンサー広告

2014年、ブレイクを果たした選手たち ~その11~ 【ジェシー・チャベス】野球人No.728

Jesse Chavez 2014年ブレイク特集 

【1】今日の野球人
[選手名]ジェシー・チャベス
[ポジション]ピッチャー
[チーム]オークランド・アスレチックス
[背番号]60⇒30
[生年月日]1983/8/21 31歳




昨日取り上げた、ユーティリティー・
プレイヤーのジョシュ・ハリソン。彼は、
守備において非常に器用な選手であり、
複数のポジションを無難にこなす。



ハリソンは野手版の『便利屋』だが、
投手でも『便利屋』が存在する。



スウィングマン(Swing man)
と呼ばれる投手たちだ。



元々スウィングマンというのは、
バスケットボール用語。スモールフォワードと
シューティングガードというポジションを
両方こなす選手の事である。

Swingman NBA

『スウィング』という言葉から、
『バットを振る』という意味を連想して
しまうが、『(ポジションを)変える』
という意味からきている。



メジャーリーグで言うところの
スウィングマンは、主に中継ぎや
ロングリリーフなどをこなしながら、
状況によっては先発登板する投手
たちの事である。



オークランド・アスレチックスの
ジェシー・チャベス。

Jesse Chavez 2014年ブレイク特集3

2013年まで約200試合登板していたが、
先発したのはわずか2度。長めの
イニングを任せられるセットアッパーで
あった。



昨年、アスレチックスは開幕前にパーカーと
グリフィンという先発の2本をトミー・ジョン
手術で失うという緊急事態。



監督としては目の前が真っ暗になる様な
状況であったが、そんなチームの危機を
救ったのがチャベスであった。



前年ロングリリーフとして結果を残していた
チャベスに、先発要員として白羽の矢が立った。
試合を壊さなければ儲けもの、程度の
期待であったと思うのだが、これが
意外や意外。この男が大活躍。

Jesse Chavez 2014年配置転換2

前半戦19試合に先発し、

7勝6敗 防御率3.14
WHIP1.30

クオリティースタートは、11試合であった。



後半戦は、レスター、サマージャ、ハメルの
加入で『本職』のセットアッパーに戻ったが、
やはり『影のMVP』と言ってもいいのでは
ないだろうか。

Jesse Chavez 2014年ブレイク特集2

来季も一応、セットアッパーでスタートする
模様のチャベス。しかし、状況に応じて先発も
こなせるだけに、引き続き貴重な戦力である
のは間違いない。






【2】編集後記

今週末は、とある会議に参加する為、

京都に出張です。

私自身、京都はあまり縁がなく、

観光で行ったのも数回程度です。

ゆっくりする時間はあまりないですが、

京都の街並みを楽しみたいと思います。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。