野球人.com

TOP2015年 MLB開幕直前団戦力分析編 ≫ 2015年MLB 開幕直前戦力分析編【ミルウォーキー・ブルワーズ】野球人No.772

2015年MLB 開幕直前戦力分析編【ミルウォーキー・ブルワーズ】野球人No.772


~エースが流出するも、目立った補強は
なし。夏場にファイヤーセールの可能性も~


carlos gomez 2015年開幕戦力分析

【1】今日のチーム

ミルウォーキー・ブルワーズ

2014年度成績

[成績]82勝80敗
[順位]中地区3位
[得失点差]-7(7位)
[年俸総額]1億0339万ドル(16位)
[観客動員数]279万人(8位)
[監督]ロン・レネキー
[GM]ダグ・メルビン

[予想オーダー]

1 CF ゴメス
2 C ルクロイ
3 RF ブラウン
4 3B ラミレス
5 1B リンド
6 LF デービス
7 2B ジェネット
8 SS セグラ

[予想先発ローテーション]

ガーザ
ローシュ
ペラルタ
ファイアーズ
ネルソン

[救援投手]

キンツラー
スミス
ブロンクストン(CL)


【オフェンス】3~3.5点(5点満点)

昨年の得点数はリーグ6位と平均的。今年も
大きな変動はなく、リンドが加入した程度。
ゴメスは5ツールプレイヤーとしての地位を
築き、キャッチャーのルクロイも攻守の要へと
成長した。ただ、かつての主砲、ブラウンと
ラミレスの成績が右肩下がり。ブラウンは
薬物抜きでも活躍できるところ見せたい
ところ。むしろ、下位打線で22本塁打を
放ったデービスに期待したい。粗削りだが
今年どこまで数字を伸ばせるだろうか。
機動力も平均レベル。ゴメス、セグラが2人
合わせて50盗塁はクリアできるだろう。


【ディフェンス】2.5~3点(5点満点)

5年連続開幕投手のガヤードが抜けた。
ただ、ローテの頭数はそろっており、中でも
若いネルソンへの期待は大きい。昨年は
マイナー最優秀投手に選ばれており、ブレイク
の予感。44セーブを稼いだロドリゲスが去り、
現時点ではブロンクストンが務める予定。
ただGMは、ロドリゲスとの残留交渉や
パペルボンの獲得を狙っているとの噂も。
守備の要は何と言ってもルクロイ。リード、
キャッチングはトップクラス。センターの
ゴメスも美技を連発。センターラインは
強固だ。


【総括】3点(5点満点)

昨年はロケットスタートに成功し、8月末まで
首位を快走。しかし、選手層の薄さから終盤に
息切れし、大失速。力のある選手はいる
ものの、今オフも目立った補強は無く、
カージナルス、パイレーツと互角に戦うのは
厳しいだろう。マイナーの人材も枯渇気味。
その為、夏場までに負け越しているようで
あれば、ファイヤーセールも考えられる。
ローシュ、ラミレスは今季でFAとなる為、
放出される可能性が高い。




【2】編集後記

3月に入り、少しずつ暖かくなって

きましたね。

ただ、これから花粉症の時期。

昨日も街中、マスクの方ばかり

でした。

皆さんも、お気をつけて!

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31