野球人.com

TOP2015年 MLB開幕直前団戦力分析編 ≫ 2015年MLB 開幕直前戦力分析編【ピッツバーグ・パイレーツ】野球人No.773

2015年MLB 開幕直前戦力分析編【ピッツバーグ・パイレーツ】野球人No.773

 
~主力流出も、高い戦力を維持。今年も
王者カージナルスを追いかける~

Pirates 主力2015年開幕戦力分析

【1】今日のチーム

ピッツバーグ・パイレーツ

2014年度成績

[成績]88勝74敗
[順位]中地区2位
[得失点差]+51(3位)
[年俸総額]7192万ドル(28位)
[観客動員数]244万人(15位)
[監督]クリント・ハードル
[GM]ニール・ハンティントン

[予想オーダー]

1 3B ハリソン
2 RF ポランコ
3 CF マカッチェン
4 2B ウォーカー
5 LF マーテ
6 1B アルバレス
7 SS マーサー
8 C セベリ

[予想先発ローテーション]

リリアーノ
バーネット
コール
ロック
ウォーリー

[救援投手]

ヒューズ
ワトソン
マランソン(CL)


【オフェンス】4点(5点満点)

昨年、殆どの打撃成績でリーグ上位を残した
打線からマーティンが抜けた。2ケタ本塁打&
OPS.700は残せただけに痛い。代わりに
韓国の大砲カンが加入。実力は未知数だが、
ショートのレギュラーを獲得できれば得点力
はアップする。打線の要はもちろん
マカッチェン。メジャー屈指の5ツール
プレイヤーは、怪我さえなければ今年も
ハイレベルな成績を残すはず。一昨年の
本塁打王アルバレスが復調すれば、
今年も強力打線だ。


【ディフェンス】3.5~4点(5点満点)

昨年13勝のボルケスが抜け、38歳の
バーネットが復帰。バーネットには往年の
力はないにせよ、パイレーツ投手陣の
『カリスマリーダー』だ。ブルペンの
モチベーションは間違いなく上がる。
左腕のリリアーノとも3年3900万ドルで
契約延長。将来のエースと名高いコールも
控え、大崩れする事はないだろう。
リリーフ陣は今年も強力。ワトソンと
マランソンのコンビはリーグ屈指だ。
ただし、正捕手のマーティンの穴は大きい。
セベリが務めると思われるが、リード、
キャッチング共にレベルは下がる。


【総括】3.5~4点(5点満点)

2年連続でプレーオフに進出し、今や
強豪軍団となったパイレーツ。今年も主力の
流出はあったものの、引き続き高い戦力を
維持している。超有望株のポランコ、エース
候補のロックも順調に成長。マイナー組織も
充実しており、チームのバランスは良好だ。
来年オフに、アルバレスとウォーカーがFAと
なる為、ここ2年で勝負をかけたい
ところ。数年後にはカブスが必ず上位に
喰い込んでくるため、中地区は激戦区に
なるだろう。




【2】編集後記

昨日、映画館で

『ガンダム THE ORIGIN』

を観てきました。

期間限定映画という事もあり、

もの凄い混み具合!

それも90%が、30代~40代の

男性でした^^;

相変わらず、ガンダム人気は

根強いですね!

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31