野球人.com

TOP2015年 MLB開幕直前団戦力分析編 ≫ 2015年MLB 開幕直前戦力分析編【セントルイス・カージナルス】野球人No.774

2015年MLB 開幕直前戦力分析編【セントルイス・カージナルス】野球人No.774


~有望株を失うも、戦力は維持。抜群の
球団運営で、今年も優勝候補~

Jason Heyward 2015年開幕戦力分析

【1】今日のチーム

セントルイス・カージナルス

2014年度成績

[成績]90勝72敗
[順位]中地区1位
[得失点差]+16(5位)
[年俸総額]1億1125万ドル(14位)
[観客動員数]354万人(2位)
[監督]マイク・マシーニー
[GM]ジョン・モゼラック

[予想オーダー]

1 3B カーペンター
2 RF ヘイワード
3 LF ホリディ
4 1B アダムス
5 C モリーナ
6 SS ペラルタ
7 CF ジェイ
8 2B ウォン

[予想先発ローテーション]

ウェインライト
リン
ラッキー
ワカ
マルティネス

[救援投手]

ベライル
ウォルデン
ローゼンタール(CL)


【オフェンス】3~3.5点(5点満点)

一昨年にリーグ1位を誇った得点力はダウン
し、昨年はチーム本塁打がリーグ最低。
今シーズンは10月に有望株のタベラスを
交通事故で失い、その穴をヘイワードが
埋める。将来の主軸を失った事は非常に
痛いが、ヘイワードの加入で、少なくとも
昨年よりは得点力はアップするだろう。
カーペンターは、常勝軍団の1番打者に
ふさわしい打者へと成長。今年も抜群の
選球眼でチャンスを広げる。機動力は
平均以下だが、ヘイワードは20盗塁は
可能。攻撃の幅は広がるはず。


【ディフェンス】4点~4.5点(5点満点)

エースはウェインライト。抜群の安定感で
昨年もサイ・ヤング賞候補にノミネート。
2番手以降は、リン、ラッキー、ワカ、
マルティネス、ゴンザレスと駒は豊富。
簡単にミラーを放出できたのもうなづける。
クローザーのローゼンタールは昨年45セーブ
を挙げたものの、打者3人で片付けるケースは
少なく、非常に不安定。その為、新加入の
ウォルデンが、緊急時にクローザーに配置
される可能性も。守備の要はもちろん
モリーナ。今年は更に攻守のヘイワードが
加入し、外野が引き締まった。俊足の
ボージャスも控え、今年もトップクラスの
守備力だ。


【総括】4点(5点満点)

昨年の得失点差はわずか+16と、結果的に
地区優勝を果たしたが、非常に苦しい
シーズンであった。しかし、それでも
最後の最後で1位でゴールするあたりは、
さすが試合巧者。勝ち方を心得ている。
球団運営や将来設計、マイナー組織等は
群を抜いて優れており、今年もプレーオフ
進出は間違いないだろう。ただし、懸念は
モリーナが1年を通じて健康を維持できるか、
という事。攻守の要であり、昨年同様、
離脱した際の痛手が大きい。その辺りを、
マシーニー監督がどのようにマネージメント
していくのかに注目したい。




【2】編集後記

ダルビッシュ選手、まさかの

靭帯損傷・・・。

現時点(3/9昼)では、TJ手術を

行うかは、判明しておりませんが、

ショックです・・・;;

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31