野球人.com

TOPスポンサー広告 ≫ 2015年MLB 開幕直前戦力分析編【サンフランシスコ・ジャイアンツ】野球人No.779TOP2015年 MLB開幕直前団戦力分析編 ≫ 2015年MLB 開幕直前戦力分析編【サンフランシスコ・ジャイアンツ】野球人No.779

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-) Trackbacks (-) スポンサー広告

2015年MLB 開幕直前戦力分析編【サンフランシスコ・ジャイアンツ】野球人No.779


~チャンピオン獲得も、主力の流出で
戦力低下。隔年のジンクス再び?~

Madison Bumgarner 2015年開幕戦力分析

【1】今日のチーム

サンフランシスコ・ジャイアンツ

2014年度成績

[成績]88勝74敗
[順位]西地区2位
[得失点差]+51(3位)
[年俸総額]1億4908万ドル(7位)
[観客動員数]336万人(4位)
[監督]ブライアン・セイビアン
[GM]ブルース・ボウチー


[予想オーダー]

1 LF 青木
2 2B パニック
3 C ポージー
4 1B ベルト
5 RF ペンス
6 CF パガーン
7 3B マギー
8 SS クロフォード

[予想先発ローテーション]

バンガーナ―
ケイン
ハドソン
ピービー
リンスカム

[救援投手]

アフェルト
ロモ
カシーヤ(CL)


【オフェンス】3点(5点満点)

チーム1の人気者のサンドバルと、パンチ力の
あるモースが去った。さらにペンスが
オープン戦で左腕を骨折し、開幕アウト。
勝負強いマギーと、小技に長けた青木の加入は
プラスだが、得点力の低下は避けられない。
パガーンとベルトが故障がちなのも不安
要素。昨年、チーム盗塁数はリーグ最下位
であったが、青木の加入で多少は改善
されるだろう。


【ディフェンス】3.5点(5点満点)

WSで快投を演じたバムガーナーが絶対的な
エース。ただ昨年、POを含め40試合&
280イニングを投げた疲労の蓄積が心配。
2番手以降は復活を期すケイン、ベテランの
ハドソンとピービー、球威の低下が著しい
リンスカム。彼らがシーズンを通して健康を
維持できるとは考えられない。オフに補強が
出来なかったツケが回ってきそうだ。救援陣は
比較的層が厚く、昨年の救援防御率は
リーグ3位。顔ぶれは今年も同じだ。守備力の
高いチームではないが、青木の加入で外野は
締まるだろう。


【総括】3.5点(5点満点)

低い下馬評から、見事に世界一に上り詰めた
ジャイアンツ。監督のボウチーは、チームを
3度目のチャンピオンへと導き、殿堂入りは
ほぼ間違いない。今年もベテラン中心の
チームを上手く纏め上げる。ただ、1年ごとに
好不調を繰り返すジンクスは、今年も当て
はまるかもしれない。中でも先発の補強に
失敗したのは痛かった。圧倒的戦力の
ドジャースと比べると、層の薄さは明白。
バムガーナー1人ではシーズンを乗り切る
事はできない。毎年、前評判は低い
ジャイアンツだが、しぶとい野球と勝負強さで
勝ち抜いてきた。今年も良い意味でを裏切って
くれるのだろうか?




【2】編集後記

今日でナ・リーグの戦力分析が

終了しました。本命は

東:ナショナルズ

中:カージナルス

西:ドジャース

といったところでしょうかね。

大型補強のパドレス、着々とチーム改革が

進むカブス、イチロー選手が加入した

マーリンズと、今年もクセのあるチームが

盛りだくさんですね!

明日からはア・リーグ編をお届けします。

お楽しみに!

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。