野球人.com

TOP2015年 MLB開幕直前団戦力分析編 ≫ 2015年MLB 開幕直前戦力分析編【タンパベイ・レイズ】野球人No.783

2015年MLB 開幕直前戦力分析編【タンパベイ・レイズ】野球人No.783


~名コンビが去り、一時代の終焉を迎える。
年俸総額も縮小し、再建モードか!?~

matt moore jake odorizzi jeremy hellickson chris archer alex cobb 2015年開幕戦力分析

【1】今日のチーム

タンパベイ・レイズ

2014年度成績

[成績]77勝85敗
[順位]東地区4位
[得失点差]-13(9位)
[年俸総額]7687万ドル(27位)
[観客動員数]144万人(29位)
[監督]ケビン・キャッシュ
[GM]マット・シルバーマン


[予想オーダー]

1 CF ジェニングス
2 DH ジェイソ
3 3B ロンゴリア
4 1B ローニー
5 SS カブレラ
6 RF キーマイアー
7 LF スーザ
8 C リベラ
9 2B フォーサイス

[予想先発ローテーション]

カッブ
スマイリー
アーチャー
オドリッジ
コロメ

[救援投手]

ジェブセン
ボックスバーガー
マギー(CL)


【オフェンス】2.5点(5点満点)

昨年のチーム得点数はリーグ最下位。貧打に
泣かされたシーズンであったが、今年も
同様か、それ以上に苦しむ可能性も。
ゾブリト、マイヤーズ、エスコバー等が去り、
カブレラ、スーザ、ジェイソ等が加入。大きく
プラスされる要素は見当たらなく、主砲の
ロンゴリアの復調が望まれる。ただ、新加入の
スーザは昨年3AでMVPを獲得しており、
数年後の主軸として期待したい。現有戦力
では機動力が低く、得意のスモールボールを
継続するのは難しそうだ。


【ディフェンス】3.5点(5点満点)

昨年の夏にプライスが去ったが、引き続き
先発陣のポテンシャルは高い。カッブが
エース格を務め、技巧派のスマイリーと
オドリッチ、成長著しいアーチャーとコロメが
続く。13年に17勝を挙げたムーアは、
TJ手術の影響で、復帰は6月頃。
クローザーのマギーもオフに手術を受けて
おり、5月以降に復帰予定。フリエリ、
バルフォアといったクローザー経験者がいる
ものの、イマイチ信頼性に賭ける。むしろ若い
ボックスバーガーに期待したい。内野守備は
不安でいっぱい。ショートのカブレラは年々
守備範囲が狭まっている。


【総括】3点(5点満点)

弱小球団だったレイズ(当時デビルレイズ)を
一躍強豪球団に変えたJ.マッドン監督と
A.フリードマンGM。オフに彼ら二人が
揃って退団し、レイズは一時代の終焉を
迎えた。オーナーも追加予算はおろか、
今よりも年俸総額を縮小させる予定で、
チームは岐路に立たされている。今シーズン、
優勝争いに加わるのはやや厳しい状況。
新コンビである、K.キャッシュ監督と
シルバーマンGMが、どのような舵取りを
するのかに注目が集まる。前任者が
カリスマ性があっただけに、やりにくい
状況だが・・・。




【2】編集後記

今週末は、横浜出張です。

横浜でゆっくりしたいところですが、

今回もそうはいかない模様^^;

せめて中華街でおいしいモノを

食べてきます。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30