野球人.com

TOPスポンサー広告 ≫ 2015年MLB 開幕直前戦力分析編【カンザスシティ・ロイヤルズ】野球人No.788TOP2015年 MLB開幕直前団戦力分析編 ≫ 2015年MLB 開幕直前戦力分析編【カンザスシティ・ロイヤルズ】野球人No.788

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-) Trackbacks (-) スポンサー広告

2015年MLB 開幕直前戦力分析編【カンザスシティ・ロイヤルズ】野球人No.788


~エース流出も、被害を最小限に食い止める。
今季もスピード&ディフェンスで戦い抜く~

Greg Holland 2015開幕戦力分析

【1】今日のチーム

カンザスシティ・ロイヤルズ

2014年度成績

[成績]89勝73敗
[順位]中地区2位
[得失点差]+27(7位)
[年俸総額]9218万ドル(19位)
[観客動員数]195万人(25位)
[監督]ネッド・ヨスト
[GM]デイトン・ムーア

[予想オーダー]

1 SS エスコバー
2 LF ゴードン
3 CF ケイン
4 1B ホズマー
5 C ペレス
6 DH モラレス
7 RF リオス
8 3B ムスカタス
9 2B インファンテ

[予想先発ローテーション]

ベンチュラ
バルガス
ボルケス
ガスリー
ダフィー

[救援投手]

ヘレーラ
デービス
ホランド(CL)


【オフェンス】3.5点(5点満点)

看板選手であったバトラー、俊足攻守の青木が
去った。その穴を埋めるのは、モラレスと
リオス。彼らは数年前までは一流選手で
あったが、ピークは既に越えてしまった。
大きな期待はできず、今年もピストル打線の
予感。しかし、それを補って余りあるのが、
足を使った攻撃。エスコバー、ケイン、
ダイソンの3人で、100盗塁は可能。
ゴードンとリオスも15盗塁はクリアできる
ので、チームの盗塁数は今年も150近くに
なるだろう。


【ディフェンス】4~4.5点(5点満点)

優勝請負人のシールズが去った。しかし
これは、2年前の加入時から覚悟していた事。
穴埋めとして、自己ベストの成績を残した
ボルケス、TJ手術明けのメドレンを獲得。
予算的な制約もあり、『質より量で勝負』
といった所。しかし、若手のベンチュラと
ダフィーは伸びしろが大きく、さらなる成長を
期待できる。ブルペンは強力無比。ヘレーラ、
デービス、ホランドの3人はまさに最強。
6回までリードを保てれば、ほぼ勝てる。
外野陣は鉄壁。ケインとゴードンの左中間を
抜くのは至難の業。ホズマーとペレスも
2年連続でゴールドグラブを獲得しており、
今年も安定感抜群だ。


【総括】4点(5点満点)

29年ぶりのWS進出で、2014年の最も
印象的なチームとなった。今オフはエースが
流出したものの、被害を何とか最小限に
食い止めた。残りの主力選手たちはまだ
2~3年は契約が残っており、GMのギアは
引き続き『勝負モード』。タイガースの戦力が
徐々に落ちてきている今が、最大のチャンス
だろう。また、マイナーにも期待できる有望株
が残っており、今後どのように世代交代を
行うかにも注目したい。




【2】編集後記

昨日は、仕事の打合せで

某一流ホテルへ。

打合せの後、そのままホテルの

ラウンジでブログを書いてました^^

やっぱりサービスが良く、居心地が

いいですね。

いつもこういった環境で、ブログを

かければ最高なのですが・・・^^;

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。