野球人.com

TOP2015年 MLB開幕直前団戦力分析編 ≫ 2015年MLB 開幕直前戦力分析編【ミネソタ・ツインズ】野球人No.789

2015年MLB 開幕直前戦力分析編【ミネソタ・ツインズ】野球人No.789


~75勝以上が当面の目標か。マイナーに
控える、2人の有望株が希望の光~

Kurt Suzuki 2015年開幕戦力分析

【1】今日のチーム

ミネソタ・ツインズ

2014年度成績

[成績]70勝92敗
[順位]中地区5位
[得失点差]-62(11位)
[年俸総額]8546万ドル(23位)
[観客動員数]225万人(19位)
[監督]ポール・モリター
[GM]テリー・ライアン

[予想オーダー]

1 SS D.サンタナ
2 2B ドージャー
3 1B マウアー
4 DH バルガス
5 RF ハンター
6 LF アルシア
7 3B プルーフ
8 C スズキ
9 CF ヒックス

[予想先発ローテーション]

ヒューズ
E.サンタナ
ノラスコ
ギブソン
ミローン

[救援投手]

トンキン
フィーン
パーキンス(CL)


【オフェンス】3.5点(5点満点)

昨年のチーム得点はリーグ5位。四球数、
出塁率は共にリーグ2位とまずまずの攻撃力。
トップバッターに定着したD.サンタナ、
20本塁打20盗塁をクリアしたドージャー、
夏場以降に本塁打を量産したアルシアと、
楽しみな若手が台頭。ファースト専任となった
マウアーは不振に陥ったが、ある程度は
盛り返すだろう。ハンターの復帰にファンは
大喜びだが、今年で40歳。戦力的に大きな
プラス、という訳ではない。機動力は平均
以下。積極的に走るのは、D.サンタナと
ドージャーぐらい。


【ディフェンス】2点(5点満点)

昨シーズン、失点、先発防御率、救援防御率
全てリーグ最下位。ヒューズの孤軍奮闘だけ
が目立った。今年はE.サンタナを補強し、
昨年のような事態は避けられそうだ。ただ、
上位に進出する程の投手力はなく、救援陣も
心許ない。守備力もリーグワーストレベル。
昨年ブレイクしたD.サンタナは、俊足を生かし
センターとショートで起用。今季はショート専任
となる模様。


【総括】2.5点(5点満点)

14年は92敗を喫し、これで4年連続
90敗以上。今年はタイガースを筆頭に、
インディアンズ、ホワイトソックス、
ロイヤルズも地力をつけており、中地区は
ツインズだけ蚊帳の外になるかもしれない。
ただ、チームの雰囲気は良くなりそうだ。
新監督にかつての英雄、ポール・モリターを
招聘。さらにファンから愛された
『スパイダーマン』こと、ハンターの復帰。
マイナーには、スーパースター候補の2人、
バイロン・バクストンとミゲル・サノーが
控えている。彼ら以外にも有望株が
複数名おり、数年前のロイヤルズの様な
状態だ。今季は若手を育てながら、何とか
90敗を免れたいところだ。




【2】編集後記

昨日も日帰りで東京出張。

数日後に成田からスリランカに

行くので、そのまま出発まで

東京に滞在したかったの

ですが・・・^^;

中部国際空港からスリランカへの

直行便を作ってほしいです(笑)

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31