野球人.com

TOPメジャーリーグ ≫ 病と闘う元スーパースター【カーク・ギブソン】野球人No.827

病と闘う元スーパースター【カーク・ギブソン】野球人No.827



こんにちは、マツダタクヤです。



私は今日からGWに入りました。
ただ、昨日からのどの調子がおかしく、
少々風邪気味です^^;



日頃から体調管理には十分に注意を
払っているのですが・・・。



さて先日、ショッキングなニュースが
飛び込んできました。80年代に
タイガースやドジャースで活躍した
強打者カーク・ギブソン氏(57歳)が、
自らがパーキンソン病にかかっている事を
告白しました。

Kirk Gibson Dbacks監督時代

パーキンソン病とは、神経変性疾患の
ひとつで、手や足の『ふるえ』から始まり、
様々な全身症状・精神症状も合併する
難病です。根本的な治療法はまだ完全に
確立出来ておりません。



そしてパーキンソン病に苦しむ人々は
世界中におります。



有名人では元ボクシング世界
チャンピオンのモハメド・アリや、
映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の
俳優マイケル・J・フォックス等。



ギブソンは、昨年までダイヤモンドバックスの
監督を務めており、現在は野球解説者。
現役時代はスピードとパワーを持ち合わせた
スラッガーとして名を馳せました。

Kirk Gibson 80年現役時代3

30本塁打30盗塁は惜しくも達成した
シーズンはありませんでしたが、
通算255本塁打、284盗塁という数字が
並ぶSTATSは、壮観です。



ギブソンは今回の病に関して

『これまでの人生で、私は数多くの様々な
困難にぶつかってきたが、どんな状況に
なろうとも乗り越えてみせるという強い
信念を失ったことは一度もない』

とコメント。

Kirk Gibson 80年現役時代

さすがは元強打者らしい、力強い言葉です。



1988年には、ドジャースの中心選手として
ワールドシリーズに出場しました。その
大舞台でみせた、逆転サヨナラ本塁打。



あの名シーンは、今でもロサンゼルスの
ファンの脳裏に焼き付いています(チームは
そのまま勢いに乗りチャンピオンを獲得)。

Kirk Gibson 80年現役時代2

ギブソンが再びグラウンドに帰ってくる事を
信じましょう!

Comment

編集
当たり前のことですが元メジャーリーガーのような影響力のある人が病と戦う姿は同病を患っている方々の支えとなることでしょうね。
2015年05月02日(Sat) 22:32
Re: タイトルなし
編集
コメント有難うございます!

おっしゃる通りですね!

苦しむ方々の為にも、病に打ち勝ち、
多くの方々に勇気を与えて頂きたい
ですね!
2015年05月03日(Sun) 12:17












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30