野球人.com

TOPメジャーリーグ ≫ オフの補強は、大成功!? ~その3~ 【ピッツバーグ・パイレーツ】野球人No.860

オフの補強は、大成功!? ~その3~ 【ピッツバーグ・パイレーツ】野球人No.860

Jung Ho Kang 2015年6月好調 

【1】今日の野球人

ピッツバーグ・パイレーツ




引き続き、昨年オフのパイレーツの
補強について。



正捕手としてセルベリ、先発ローテーションの
柱としてバーネットを獲得したパイレーツ。
5月終了時点で彼らを見る限り、この補強は
まずは成功だったと言えるだろう。



そして昨年オフのパイレーツの補強戦略は、
韓国プロ野球にも及んだ。



パイレーツのスカウト陣の熱視線は、
ネクセン・ヒーローズのカン・ジョンホに
注がれていた。

Jung Ho Kang 2015年6月好調3

長打力を備えた遊撃手として、韓国野球を
牽引してきたカン。2014年シーズンは、
遊撃手の年間最多本塁打記録を達成する
40本塁打をマーク。いよいよ韓国国内では、
カンを抑えられる投手がいなくなってきた。



そしてカンは、オフの12月に入ると、
ポスティングシステムを使ってのメジャー
リーグ移籍を申請。新たなステージに
挑戦する事となった。



パイレーツはカンの内野手としての器用さ
(セカンド、ショート、サードを守れる)と、
長打力に賭け、500万2015ドルで入札。
見事に最高入札額で交渉権を得た。
結局、4年総額1100万ドル(5年目は
550万ドルの球団オプション)
正式契約に至る。

Jung Ho Kang 2015年6月好調4

カンを獲得するのにかかったコストは、
約1700万ドル。これで4年間保有
できる為、1年あたり425万ドル程度。
非常にリーズナブルだ。



開幕からカンは持ち前の器用さを発揮し、
サードとショートを掛け持ち。4月は途中
交代や途中出場が多かったものの、5月に
入り、出場機会が増えてきた。



先日、450フィートのホームラン放った
ように、抜群のパワーも秘めている。
ただ、韓国時代の様に、シーズン40本塁打
というのは厳しいだろう。現状の評価は、
使い勝手も良く、バッティングも良い
ユーティリティープレイヤーといった所か。

Jung Ho Kang 2015年6月好調2

ともあれ、昨年オフのパイレーツの補強は
大当たり。それも、たいしてコストが
かかっていないのだから素晴らしい。



これぞ『スモールマーケットの生きる道』
と、言えるだろう。






【2】編集後記

『ベースボールチャンネル』さんにて、

ロッテで捕手を務めていた里崎さんが、

『専属捕手』について語っておられます。

これ、なかなか面白いです。

是非、読んでみて下さい。

   ↓   ↓

「専属捕手」としか結果を残せない
ピッチャーは一流か?

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31