野球人.com

TOPスポンサー広告 ≫ 2015年MLBドラフト会議、いよいよ開始! 野球人No.865TOPメジャーリーグ ≫ 2015年MLBドラフト会議、いよいよ開始! 野球人No.865

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-) Trackbacks (-) スポンサー広告

2015年MLBドラフト会議、いよいよ開始! 野球人No.865




こんにちは、マツダタクヤです。



このコラムがアップされる頃には、いよいよ
2015年のMLBドラフト会議が行われる
頃かと思います。



皆さん、ご存知かと思いますが、MLBの
ドラフトは完全にウェーバー制です。
既に、40順目まで指名順位が確定して
おります。今年の1順目は、下記の通り。
ここでは20位まで記載しますが、1順目は
42位までとなっております。43位からは
2順目となります。



1位:ダイヤモンドバックス
2位:アストロズ
3位:ロッキーズ
4位:レンジャーズ
5位:アストロズ
6位:ツインズ
7位:レッドソックス
8位:ホワイトソックス
9位:カブス
10位:フィリーズ
11位:レッズ
12位:マーリンズ
13位:レイズ
14位:ブレーブス
15位:ブルワーズ
16位:ヤンキース
17位:インディアンズ
18位:ジャイアンツ
19位:パイレーツ
20位:アスレチックス



これを見ると、指名権の2位と5位を持って
いる、アストロズがかなり有利です。
アストロズは昨年、ドラフト1順目の1番目
(いの一番)で、ブレイディ・エイケンを
指名しましたが、交渉が決裂。結局入団には
至らず、その補償枠という事で、1順目の
2位という指名枠をゲットしました。



アストロズは昨年まで下位に低迷していた為、
指名順位は高いですが、今季は首位を快走。
今後のアストロズにとって、非常に有利な
展開となっております。

Houston Astros 2014年ブレイク特集

今季、いの一番で指名されそうなのが、
レイクメアリー高校のショート、ブレンダン・
ロジャース。



2012年にアストロズが1位指名した、
カルロス・コレアに匹敵する高校生ショート
言われております。スイングは軸が安定して
おり、完成度が高いのが特徴です。

Brendan Rodgers 2015年ドラフト1位予想

また、2位予想のスワンソン、4位予想の
ブレグマン共にショート。今シーズンは
ショートの有望株が豊富です。



今回のドラフトは、数年前のハーパーや、
ストラスバーグ級の様な、『超逸材』は
今のところ見当たりません。ただ、全体的には
纏まりのある選手が多いのが特徴です。



ただ、これはあくまで現段階での話。
プロ入り後、隠れた超逸材が一気に伸びた
事例は、枚挙に暇がありません。



全米中が見守るドラフト会議。
逸材たちの行方を見守りましょう!


Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。