野球人.com

TOP2015年 MLB監督・GM特集編 ≫ 2015年 MLB監督・GM特集編【マイアミ・マーリンズ】野球人No.868

2015年 MLB監督・GM特集編【マイアミ・マーリンズ】野球人No.868

Marlins 2015年監督GM特集 

【1】今日の監督とGM

ダン・ジェニングス(監督)

※マイアミ・マーリンズ


[年俸総額の変動]

2014年
4582万ドル(第30位)

2015年
6903万ドル(第30位)

2321万ドルプラス↑


[資金力]

D (A~Eの5段階)

※時にB程度になる事も

[監督]

ダン・ジェニングス

就任:2015年(1シーズン目)
プレーオフ進出:0回

Dan Jennings 2015年5月監督就任 

2013年9月にGMに就任。奔放なオーナー
に振り回されながらも、球団再建に尽力
する。昨年オフにはジャンカルロ・スタントン
13年3億2500万ドルの超大型契約を
締結した。しかし5月に入ると、成績不振に
より監督であったレドモンドが解任。GMで
あったジェニングスが監督に抜擢されるという、
前代未聞の人事が下される。プロでのコーチは
おろか、監督経験もないままユニフォームを
着る事に。肝心の成績は芳しくなく、いつまで
監督を続けるかは不明。現在、GMの肩書を
持つ人間はおらず、実質的には前GMである
マイケル・ヒル(現在の肩書は、球団社長)
や、アシスタントGMであるマイク・バーガー
がGMとして機能していると思われる。



[チーム状況 等]

オフにはディー・ゴードンやマーティン・
プラド、マイケル・モース、イチロー等を
補強し、『勝負モード』へと切り替えた。
勢いに乗れば90勝近くを狙えるのではと
期待が高まったが、既に諦めムードが漂って
いる。前述の様に、不可解な監督人事もあり、
相変わらずトリッキーなオーナーに振り回され
ている。ただ、積極的に補強を展開したにも
関わらず、年俸総額はいまだに30球団
最下位。超巨額契約を結んだスタントンも、
今季は650万ドル。数年後に年俸が跳ね
上がる仕組みの契約になっている。




【2】編集後記

昨日の夜、マレーシアの

コタキナバルに到着しました。

蒸し暑さはやはり凄いです^^;

今日は1日ゆっくりできそうなので、

ちょっとブラブラしようかと思います。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30