野球人.com

TOPスポンサー広告 ≫ 2015年 MLB監督・GM特集編【ニューヨーク・メッツ】野球人No.869TOP2015年 MLB監督・GM特集編 ≫ 2015年 MLB監督・GM特集編【ニューヨーク・メッツ】野球人No.869

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-) Trackbacks (-) スポンサー広告

2015年 MLB監督・GM特集編【ニューヨーク・メッツ】野球人No.869

Mets 2015年監督GM特集 

【1】今日の監督とGM

テリー・コリンズ(監督)
サンディ・アルダーソン(GM)

※ニューヨーク・メッツ


[年俸総額の変動]

2014年
8495万ドル(第25位)

2015年
1億0134万ドル(第21位)

1639万ドルプラス↑


[資金力]

B (A~Eの5段階)

[監督]

テリー・コリンズ

就任:2010年(5シーズン目)
通算成績:748勝778敗
プレーオフ進出:0回

Terry Collins 2015年監督特集 

現役監督の中では最年長(66歳)。
オリックスでも監督を務めた事もあり、
日本でも知名度が高い。またWBC中国代表
監督の経験もあり、国際派監督として名高い。
再建中のメッツを率いて5年目。潜在能力の
高い若手が育ちつつあり、今季は開幕から
好調。とにかく熱血漢であり、審判と口論に
なる事は日常茶飯事。この手の監督は
再建中の球団に向いている。ただ、メッツは
そろそろ『勝負モード』に切り替える時期に
来ており、今季で『お役御免』になる可能性
も。来季の契約は球団のオプション。



[GM]

サンディ・アルダーソン
就任:2010年

Sandy Alderson 2015年GM特集 

セイバーメトリクス重視派のGM。80年代、
アスレチックスのGMとして、黄金時代を
築いた立役者。現アスレチックスのカリスマ
GM、ビリー・ビーンに多大な影響を与えた
人物。アメリカ空軍のパイロットを務めて
いた事もあり、非常に骨太な一面も。
今シーズンは若手投手が台頭し、いよいよ
勝負をかける時が来た。



[チーム状況 等]

オーナーが詐欺事件に巻き込まれる等、
お家騒動が多かった最近のメッツ。6年
連続で負け越してきたが、『再建期』は
今季で終わりを迎えそうだ。ハービー、
デグロム、シンダガード等、『大器』と
呼ばれる先発投手が目白押しで、非常に
楽しみなチームに仕上がった。ブレーブスが
再建期に入っている為、夏場以降、
ナショナルズとの一騎打ちになるだろう。
ただ、POも逃がす様な事があれば、コリンズ
とアルダーソンの首元が寒くなるのは間違い
ない。




【2】編集後記

コタキナバル2日目です。

昨日は、ホテルでゆっくりした後、

街に繰り出しました^^

それにしても、海がきれいです。

コタキナバル 

癒されました・・・。

Comment

!
編集
先日、ファミリアの4シームが100マイルでてましたよ(笑)
2015年06月13日(Sat) 19:41
Re: !
編集
>SUPERSTARJAY さん

コメント有難う御座います!

やはりメッツは潜在能力の高い
投手が多いですよね!
2015年06月15日(Mon) 18:04












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。