野球人.com

TOPスポンサー広告 ≫ 2015年 MLB監督・GM特集編【ワシントン・ナショナルズ】野球人No.871TOP2015年 MLB監督・GM特集編 ≫ 2015年 MLB監督・GM特集編【ワシントン・ナショナルズ】野球人No.871

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-) Trackbacks (-) スポンサー広告

2015年 MLB監督・GM特集編【ワシントン・ナショナルズ】野球人No.871

Nationals 2015年監督GM特集 

【1】今日の監督とGM

マット・ウィリアムズ(監督)
マイク・リゾー(GM)

※ワシントン・ナショナルズ


[年俸総額の変動]

2014年
1億3735万ドル(第8位)

2015年
1億6201万ドル(第6位)

2466万ドルプラス↑


[資金力]

B+ (A~Eの5段階)

[監督]

マット・ウィリアムズ

就任:2014年(2シーズン目)
通算成績:96勝66敗
プレーオフ進出:1回

matt williams 2015年監督特集 

現役時代は強打の三塁手として活躍。
バリー・ボンズの援護砲として機能し、
94年には本塁打王に輝く。当時から
口数は少ないがリーダーシップに優れていた。
13年オフにナショナルズの監督に就任。
『勝って当たり前』という状況の中、期待通り
チームをPO進出に導いた。1年目にして
最優秀監督賞を受賞する等、指揮官として
優秀なのは間違いない。ウィリアムズの采配に
対して批判の声が多いのは、強豪球団を
率いる宿命。ハーパー等、クセのある選手が
多い中、上手く纏め上げている。



[GM]

マイク・リゾ
就任:2009年

Mike Rizzo 2015年GM特集 

2009年に就任し、3年弱でチームを
見事に強豪軍団へと変えた。ドラフト戦略、
若手の育成に成功した事が大きい。今季は
シャーザーを巨額契約で迎え入れ、世界一
獲得への布石は整った。ただ年俸総額も
うなぎ上りで今季は1億6000万ドル
越えた。今オフは、FAを迎える主力選手が
多く、ターニングポイントとなるだろう。
誰を残し、誰を放出するのか。リゾーの真価が
問われそうだ。



[チーム状況 等]

チームは今まさに黄金期を迎えており、
王者獲得の最大のチャンス。逆に言えば
今オフに主力の多くがFAとなる為、
何が何でも勝負をかけてくるはず。4月は
出遅れたものの、5月以降一気にエンジン
全開に。戦力的にはナ・リーグ東地区の中で
飛び抜けている為、地区優勝は当たり前。
ハーパーがMVP級の活躍を見せており、
いよいよ本格覚醒の予感。勢いのある
メッツとの戦いに注目したい。




【2】編集後記

昨日の夜、マレーシアから帰国

しました。

いやいや今回は強行日程だったので

疲れました・・・^^;

体を早く日本モードに戻したいと

思います(笑)

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。