野球人.com

TOP2015年 MLB監督・GM特集編 ≫ 2015年 MLB監督・GM特集編【セントルイス・カージナルス】野球人No.876

2015年 MLB監督・GM特集編【セントルイス・カージナルス】野球人No.876

cardinals 2015年監督GM特集 

【1】今日の監督とGM

マイク・マシーニー(監督)
ジョン・モゼラック(GM)

※セントルイス・カージナルス


[年俸総額の変動]

2014年
1億1125万ドル(第14位)

2015年
1億2206万ドル(第12位)

1081万ドルプラス↑


[資金力]

B (A~Eの5段階)

[監督]

マイク・マシーニー

就任:2011年(4シーズン目)
通算成績:275勝211敗
プレーオフ進出:3回

mike matheny 2015年監督特集 

現役時代はメジャー屈指のディフェンシブ・
キャッチャー(守備型捕手)として君臨。
カージナルスとジャイアンツ在籍時に、
合計4度のゴールドグラブ賞を受賞。当時
からリーダーシップに優れており、将来
どこかで必ず監督を務めるだろうと見られて
いた。そして周囲の期待通り、監督としても
抜群の結果を収めている。名将トニー・
ラルーサの後を継いだ時は、一部で
不安の声も囁かれたが、今や貫録十分。
年齢的にもまだ若く、マシーニーの長期政権
になるだろう。あえて心配事を挙げるので
あれば、正捕手モリーナの後継者問題か。
名捕手であったマシーニーの手腕で、次期
正捕手を育てたいところ。



[GM]

ジョン・モゼラック
就任:2007年10月

john mozeliak 2015年GM特集 

07年オフに就任以降、地区優勝4回、
PO出場5回。安定的な強さを発揮している
最大の要因は、マイナーから毎年の様に
優良な若手を輩出するシステム。これは
モゼラックが築き上げた最高の『作品』だ。
また、昨年オフからチームに予期せぬ
アクシデントが多発したが、見事な対応力で
戦力を維持している。ただつい先日、
カージナルスがアストロズのデータベースを
ハッキングしたとして、現在FBIの捜査を
受けている。現在渦中の人となっているが、
当の本人はもちろん否定している。



[チーム状況 等]

昨年オフに有望株であったタベラスを失い、
エースのウェインライトは、アキレス腱断裂で
今季絶望に。様々なアクシデントがチームを
襲ったが、逆にそれが選手たちの団結力を
高めたのかもしれない。開幕から全く危なげ
ない戦いで、首位を快走。カブスが急速に
力をつけてきたが、王者カージナルスの
優位性は揺るがない。現在世間を騒がせて
いる『ハッキング騒動』も、カージナルスが
強すぎるがゆえの嫌がらせ、とも思えて
しまう。




【2】編集後記

現在、地区最下位に沈んでいる

レッドソックス。

選手のモチベーションも低下しているようで、

先日、主力選手であるサンドバル三塁手が

試合中にSNSを行っていたとして、1試合

出場停止処分に。40歳の上原投手が

頑張っているだけに、何とか浮上の

きっかけを掴んでほしい所ですが・・・。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30