野球人.com

TOPスポンサー広告 ≫ 2015年 MLB監督・GM特集編【ボストン・レッドソックス】野球人No.885TOP2015年 MLB監督・GM特集編 ≫ 2015年 MLB監督・GM特集編【ボストン・レッドソックス】野球人No.885

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-) Trackbacks (-) スポンサー広告

2015年 MLB監督・GM特集編【ボストン・レッドソックス】野球人No.885

20150628 redsox 

【1】今日の監督とGM

ジョン・ファレル(監督)
ベン・チェリントン(GM)

※ボストン・レッドソックス


[年俸総額の変動]

2014年
1億5635万ドル(第5位)

2015年
1億8434万ドル(第3位)

2799万ドルプラス↑


[資金力]

A (A~Eの5段階)

[監督]

ジョン・ファレル

就任:2012年(3シーズン目)
通算成績:322勝326敗
プレーオフ進出:1回

John Farrell 20150628 

2012年、崩壊したレッドソックスを
立て直す為、当時ブルージェイズの監督を
務めていたファレルを招聘。この時、
ブルージェイズとの契約が1年残っていた為、
選手とのトレードであった。その甲斐もあり、
見事1年目で世界一に輝く。しかしながら
昨年は一転して最下位、今年も開幕から
低級飛行。2年連続で最下位に沈むよう
では、首元が危ないだろう。指揮官としての
スタイルは、選手とのコミュニケーションを
重視する『現代型のリーダー』。



[GM]

ベン・チェリントン
就任:2011年

ben cherington 20150628 

前任者は、カリスマ性のあるエプスタイン
(現カブス)。12年にバレンタインを監督に
据えて大失敗したが、その後ファレルを招聘し
世界一に。しかしながらその後も低迷し、
非常に浮き沈みの激しいチームとなって
しまった。昨年オフはサンドバルとラミレスを
巨額契約で補強したが、基本的には慎重派の
GM。今年も先発投手が崩壊しており、その
責任を問われそうだ。



[チーム状況 等]

6月27日現在で借金10、首位と差は
9ゲーム。完全に優勝争いから脱落して
しまった。さらには新加入のサンドバルや
ラミレスらが、チームの和を乱す様な行動を
とっており、内部崩壊の兆しも。今年の
トレードデットラインでは、2年連続で
売り手に回る可能性もあり、監督GM共に、
風当たりが強くなるだろう。ただし、マイナー
には優秀な若手が多く、基盤はしっかり
している。まずは先発投手を立て直し、再び
頂点を目指してほしいところだが・・・。




【2】編集後記

昨日、子供を寝かしつけた後、

映画『マッド・マックス』を観てきました。

80年代に一世を風靡した映画の

リメイクですが、かなり良いです!

当時、大人気マンガ『北斗の拳』に

多大な影響を与えた映画なのですが、

やはり独特の『世界観』は、一見の

価値アリです。皆様も是非!

Comment

REDSOX
編集
こんにちは、

RED SOX BBC の記事も含めて読ませていただきました。ファンとしては、期待も有っただけに落胆は大きいです!!(涙)私は13年はチームの勢いでのWS勝利。04年と07年もその傾向が強いように思います。では誰がその勢いを作り出すのでしょう?監督やGMと言いたいところですが、私は選手たちだと思っています、そしてそれを監督なりが調和の補佐をする。去年、今年のKCと今年のHOUが良い例ではないでしょうか、13年以降の勝敗は昨日6月28までで105勝134敗!!もう笑っても誤魔化しようの無い数字、選手云々の中途半端なトレードでは無く監督 GMを含めたフロントの大刷新を望みたいです!! 長文 失礼しました。
2015年06月30日(Tue) 04:06
Re: REDSOX
編集
>赤とんぼさん

コメント有難うございます!

仰る通り、選手が主役ですよね!

それにしても13年以降の成績が
105勝134敗とは・・・。
こうやって数字にしてみると、なんだか
がく然としますね・・・^^;

名門復活に期待したいです。
上原投手にもう一度、大舞台のチャンスを!
2015年06月30日(Tue) 10:48












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。