野球人.com

TOPスポンサー広告 ≫ 2015年 MLB監督・GM特集編【ニューヨーク・ヤンキース】野球人No.886TOP2015年 MLB監督・GM特集編 ≫ 2015年 MLB監督・GM特集編【ニューヨーク・ヤンキース】野球人No.886

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-) Trackbacks (-) スポンサー広告

2015年 MLB監督・GM特集編【ニューヨーク・ヤンキース】野球人No.886

yankees 2010629 

【1】今日の監督とGM

ジョー・ジラルディ(監督)
ブライアン・キャッシュマン(GM)

※ニューヨーク・ヤンキース


[年俸総額の変動]

2014年
1億9723万ドル(第2位)

2015年
2億1775万ドル(第2位)

2052万ドルプラス↑


[資金力]

A+ (A~Eの5段階)

[監督]

ジョー・ジラルディ

就任:2007年(8シーズン目)
通算成績:726勝570敗
プレーオフ進出:4回

joe girardi 201506229 

現役時代は、好守のキャッチャー。名将
ジョー・トーリ監督の後を継ぎ、08年から
指揮を執る。09年に世界一に上り詰めたが、
ここ2年はPOから遠ざかっている。クセの
強い選手が多いヤンキースの中、ジラルディの
マネージメントは比較的評価が高い。契約は
17年までだが、今年もPOを逃がすようだと
かなり風当たりは強くなる。



[GM]

ブライアン・キャッシュマン
就任:1998年

Brian Cashman 20150629
 

ヤンキースのGMを務めて17年。ワンマン
オーナーと現場の板挟みで、最も気苦労の
多いGMと言える。ここ数年、ヤンキース
お得意の札束攻勢で選手をかき集めてきたが、
現在のチーム構成は非常にアンバランスな
状態。2000万ドルを越える選手が5人も
いるが、費用対効果は非常に悪い。キャッシュ
マン自身、その点を危惧しており、今後、
チーム改革に着手していくだろう。



[チーム状況 等]

チームの総年俸ではドジャースに抜かれた
ものの、財力はもちろんア・リーグNo.1。
とは言うものの、年俸に見合った活躍をして
いない選手も多く、GMの悩みは尽きない。
ジーターの後継者となる様なリーダーも必要。
昨年オフの補強は消極的だったにもかかわらず
開幕から好調なのは、なんとも皮肉。今季も
POを逃すようだと、いよいよ首脳陣の
入れ替えが始まるかもしれない。




【2】編集後記

昨日から、長男の自転車の

特訓が始まりました。

親も必死です(笑)

楽しく練習を続けたいと思います。

Comment

No title
編集
なんだかんだでワイルドカード圏内、地区優勝も狙える位置にいるのは流石。
ただ、田中は2戦連続で炎上、その他先発陣も芳しくない為、プレーオフに向けて戦力の補強が必要かもしれませんね。

個人的に、エース級ならハメルズやサマージャ、2,3番手級ならリークあたりが面白いなぁと妄想しています笑
エース級だと負担も小さくないので、先発陣が復調するか否かが今後に影響しそうです。

NYYの今後の動き、マツダさんはどうお考えでしょうか(^_^)
2015年06月30日(Tue) 19:00
Re: No title
編集
>dai さん

コメント有難うございます!

当初からヤンキースの先発陣は
不安視されてきましたが、やはり
POに進出する為には補強は必須ですよね。
必ず動いてくるかと思います。

daiさんの仰る通り、ハメルズは
狙いたいですね。むしろ、あの
フィリーズの状況で、ハメルズは
良くモチベーションが持つ
なぁと・・・^^;

大舞台で投げさせてあげたい投手です。
2015年07月01日(Wed) 09:08












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。