野球人.com

TOPメジャーリーグ ≫ 2015年の前半戦を振り返って【ナショナルリーグ編】野球人No.903

2015年の前半戦を振り返って【ナショナルリーグ編】野球人No.903

wrigley field 20150716 

【1】今日の野球人

~前半戦の総括~
ナショナルリーグ編



オールスターが終了し、メジャーリーガー
たちは束の間の休息に入った。家族や
恋人と共に過ごす選手もいれば、オフ
返上でトレーニングに励む選手も。



そこで今日と明日は2日間に渡って、
前半戦の総チェックを行っていきたい。
まずはナショナルリーグから。



東地区はある意味順当と言える展開。
圧倒的戦力のナショナルズが首位を堅持。
しかしながら、MLBトップクラスの先発陣は、
決して期待通りの働きとは言えない。

Bryce Harper 20150716

7年2億1000万ドルで加入のシャーザーは
ノーヒッターを記録する等、額面通りの活躍。
しかし、ストラスバーグ、フィスター等が
今いちピリッととしない。先発防御率
3.68はリーグ6位。本来このスタッフで
あれば、ダントツ1位でなければならない
のだが・・・。



むしろ、再建期から徐々に戦力が整いつつ
あるメッツが面白い。若手投手の台頭で、
地区優勝を狙えるレベルになってきた。
ブレーブス、マーリンズ、フィリーズが
低迷中の今、PO進出の絶好のチャンスだ。

Jacob deGrom 20150716

中地区も予想通りの大混戦。カージナルス、
パイレーツ、そしてついに新たなステージへと
突入したカブス。後半戦、この三つ巴の戦いが
さらに激しくなるだろう。



数年後、間違いなく黄金期に突入するであろう
カブス。今年の雰囲気は、昨年まで5年連続で
負け越していたとは思えないほど明るい。
驚異の新人ブライアントに、ラッセル。
カージナルスもうかうかしていると確実に
足元をすくわれるだろう。

addison russell 20150716

そして昨年オフ、話題を独占した西地区。
パドレスが大補強を展開し、金満球団の
ドジャースと、ワールドチャンピオンの
ジャイアンツに挑む構図となった。しかし
ながら蓋を開けてみれば、パドレスは
まさかの失速。



監督のブラッグは更迭され、現在首位と
10ゲーム差の4位。借金もかさんでおり、
すでに白旗モード。エースのシールズに
至っては、既にトレード候補。今月末の
トレードデットラインでのパドレスの動きに
注目だ。

james shields 20150716

明日は、アメリカンリーグをチェックして
いきたい。




【2】編集後記

今日から横浜なんですが、タイミングが

悪く、台風が来てますね^^;

特に、中国、四国地方の方、

お気を付け下さいm(_ _)m


Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30