野球人.com

TOPスポンサー広告 ≫ GM交代の噂 ~その2~【ベン・チェリントン】野球人No.927TOPメジャーリーグ ≫ GM交代の噂 ~その2~【ベン・チェリントン】野球人No.927

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-) Trackbacks (-) スポンサー広告

GM交代の噂 ~その2~【ベン・チェリントン】野球人No.927




こんにちは、マツダタクヤです。



昨日輪島から帰ってきました。今回は
まさかのMLBロードショーと遭遇(笑)。
松井秀喜記念館に行こうと思っていたの
ですが、急遽中止してしまいました。



さて、一昨日お伝えしたGM交代の噂。
今日はその続きを・・・。



マリナーズGMのズレンシックが解任される
との噂が流れておりますが、同様に
レッドソックスGMのベン・チェリントン
周辺も、騒がしくなってきました。

ben cherington 20150809

2011年オフにGM就任したチェリントン。
しかしながら、成績は非常に浮き沈みの
激しい状態です。



エプスタイン(現カブス)の後を引き継いだ
1年目は、ボビー・バレンタインを監督に
招聘し、見事に大失敗。チームが内部から
完全に崩壊し、最下位へ転落。



その後、現監督のジョン・ファレルを
ブルージェイズから引っこ抜き、立て直しを
図りました。また、大型補強は避け、地味で
リーズナブルだが、きっちり仕事をする
脇役選手
を中心に補強。結果的にファレルの
優れたマネージメントと、脇役選手たちの
活躍で見事世界一に輝きました。

John Edward Farrell

前年度最下位からの世界一という快挙で、
全米中からの賞賛を得たチェリントン。
このままチェリントン+ファレルのコンビで
黄金期到来!、かと思われたのですが・・・。



チャンピオンの翌年である14年は、積極的な
補強はせず、現有戦力で臨みました。しかし、
先発ローテーションが崩壊。また、若手を
積極的に起用するものの、これが裏目に。
皮肉にも、積極補強を控え、若手を起用した
結果、戦力不足を露呈する形になってしまい
ました。最終的にはまたもや最下位に。



そして今シーズン。



前年の反省を活かし、サンドバルとラミレスを
巨額契約で補強。先発投手に関しては、
エースクラスではないものの、積極的に
トレードを仕掛け、頭数を揃えました。

Hanley Ramirez 2015年開幕戦力分析

しかしながら、結果ご存知の通り。
開幕からサンドバルとラミレスは期待外れ。
補強した先発投手たちもまるで機能せず、
チーム防御率4.51はリーグワースト
という状況です。



2年連続、東地区最下位が濃厚です。



今シーズン、多くの現地メディアが
レッドソックス復活を予想していたの
ですが・・・。チェリントンは毎年最善と
思われる方法で、チームを強化していたのは
間違いありません。



しかしプロの世界は結果が全てです。
戦力を維持していくという事が、いかに
難しいかという事の証明でしょう。

Ben Cherington 2014年失敗

個人的には好きなGMなのですが、
来シーズンもチームに残っているかは
微妙な状況です。



古豪球団復活は、新たなGMに
託されるのでしょうか・・・。


Comment

No title
編集
こんにちは、
今シーズンでフロントの中核CEOの Larry Lucchinoが去りますし
Ben Cherington(ただのYES MAN?!)の拠り所のひとりが居なくなるわけでこのオフが彼の賞味期限ぎれのように思うのですが…
過去4年で最下位3度目となれば
やはり責任は重大ですね(^^:
2015年08月11日(Tue) 04:26
Re: No title
編集
>赤とんぼさん

コメント有難うございます!

チェリントンはYES MANなの
ですね・・・^^;

やはり組織である以上、様々な
人間関係がつきまといますね。

レッドソックスは私も好きなチームです
ので、何とか復活してもらいたいのですが
・・・^^;
2015年08月11日(Tue) 16:36












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。