野球人.com

TOPスポンサー広告 ≫ 強面クローザー、まだまだ終わらず!【フェルナンド・ロドニー】野球人No.946TOPメジャーリーグ ≫ 強面クローザー、まだまだ終わらず!【フェルナンド・ロドニー】野球人No.946

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-) Trackbacks (-) スポンサー広告

強面クローザー、まだまだ終わらず!【フェルナンド・ロドニー】野球人No.946




こんにちは、マツダタクヤです。



上原投手がDL入りし、田澤投手が臨時の
クローザーへと昇格。期待が高まりましたが、
やはり、甘くはないですね・・・。



8/23のロイヤルズ戦では9回に登板し、
6安打4失点。試合をひっくり返されて
しまいました。

Junichi Tazawa 20150828

本当にクローザーという仕事は激務ですね。
抑えて当たり前、打たれれば戦犯。1年中
強烈なプレッシャーを背負いながら、マウンド
へと登らねばなりません。



私は個人的に好きなクローザーがおります。



それは、メジャー13年目の大ベテラン、
フェルナンド・ロドニー。



最速100マイルの剛速球と、落差の大きい
チェンジアップが武器の38歳。試合を締め
くくった時のポーズが有名です。

Fernando Rodney 20150828

通算236セーブと実績は抜群なのですが、
如何せん、好不調の波がもの凄く激しく、

『その日の調子は、マウンドに登って
みないと分からない』

という、まさに劇場型クローザー。



ある時は剛速球で三者三振でビシッと抑える時
もあれば、またある時は、全くストライクが
入らず、四球で満塁にして最後はサヨナラ
安打を浴びる・・・。



良くも悪くもファンをハラハラさせる
クローザーです。



そして注目は、ロドニーが打たれた後の
振る舞いと表情。



『何か文句あるのか?』と言わんばかりの
表情で、マウンドから降り、ベンチへと
向かっていきます。

Fernando Rodney 劇場型クローザー2

ある意味、このぐらいの『ふてぶてしさ』
なければ、クローザー業務を務める事は
出来ないのかもしれませんね。



そんなロドニーですが、先日、
マリナーズから契約を解除されました。



今季の成績は

54試合 5勝5敗16セーブ
防御率5.68 WHIP1.50

セーブ失敗は6回で、リーグ最多。
これではさすがに、致し方ないですね。



その後ロドニーは、カブスに移籍する事が
決定した模様。メジャーで13年間生き
残って
きたクローザーですから、並大抵の
したたかさではありません。

Fernando Rodney 201508282

強面(こわもて)クローザーは、
まだまだ終わっておりません!


Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。