野球人.com

TOPメジャーリーグ ≫ 来季はイチローの上司!?マーリンズの監督候補者【マニー・アクタ 他】野球人No.974

来季はイチローの上司!?マーリンズの監督候補者【マニー・アクタ 他】野球人No.974

Manny Acta 201509243 

【1】今日の野球人

マニー・アクタ 他




メジャー3000本安打まで、残りあと
66本に迫ったイチロー。マーリンズとの
契約は今季いっぱいだが、現地メディアでは
イチローとの契約延長を推す声が多い。



若手中心のマーリンズの中にあって、
やはりイチローの存在は非常に大きい。
技術的な事はもちろん、試合に対する心構えや
考え方等、全てにおいて若手の手本となって
いる。やはり『レジェンド』だ。

ichiro 20150826

しかしながら肝心のチームは、将来設計が
非常に不透明。



5月にレドモンド監督が解任され、当時GM
だったジェニングスが監督に就任するという、
不可解な人事。今年もマーリンズは、オーナー
であるローリアに振り回されている。



そんな中、早くも来季の監督候補たちの
名前が、メディアに挙がってきた。



まずは、2012年までインディアンズで
指揮を執っていたマニー・アクタ。
07~09年には、ナショナルズでも
指揮を執っていた。

Manny Acta 201509242

監督のタイプとしては、若手主体のチームに
向いていると言われており、特に再建モードに
入っている段階で起用されることが多い。



その為、アクタ自身の通算成績はふるわないが
(勝率5割を上回ったシーズンはゼロ)、
しっかりとした土台を築く事ができる。実際、
アクタ退任後、ナショナルズとインディアンズ
は優勝争いに加わっている。



また、自身がドミニカ出身という事もあり、
中南米選手からの信頼も厚い。WBCで
ドミニカ代表監督を務める等、国際大会
での経験も豊富。

Manny Acta 20150924

まさに、現在のマーリンズにぴったりの
監督という訳だ。



その他、名前が挙がっている候補者は、
ジム・リグルマン、バド・ブラック、
ラリー・ボーワ 等。



いずれにせよ、再び(?)再建期に突入
するマーリンズ。なるべく早期に監督を
決めたいところ。



イチローの今後にも大きく影響
しそうだ。




【2】編集後記

トレーナーと共にジムでトレーニングを

始めて2年弱。

最近あらためて気づいたのは、

午前中のトレーニングが一番

パフォーマンスが良いという事。

私自身、仕事もそうですが、

やはり午前中が一番集中力が高いです。

人それぞれかと思いますが、私は

どうやら朝方のようです^^;

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31