野球人.com

TOPメジャーリーグ ≫ やはりカギを握るのは・・・【クレイトン・カーショウ】野球人No.989

やはりカギを握るのは・・・【クレイトン・カーショウ】野球人No.989

Clayton Kershaw 201510102 

【1】今日の野球人
[選手名]クレイトン・カーショウ
[ポジション]ピッチャー
[チーム]ロサンゼルス・ドジャース
[背番号]22
[生年月日]1988/3/19
[2015年シーズン年俸]3100万ドル




今シーズン、3年連続で地区優勝を果たし、
いよいよ黄金期に突入しつつある
ロサンゼルス・ドジャース。



3年前に元NBAのスーパースター、
マジック・ジョンソン率いる投資家グループが
買収して以来、すっかり『金満球団』となった
ドジャース。ピーター・オマリー一家が経営
していた頃の、家庭的な球団であった
ドジャースはもういない。

magic johnson dodgers買収

昨年オフは、メジャー屈指の頭脳である、
アンドリュー・フリードマンを招聘。
編成部門のトップに据えた。



これでカネと頭脳を兼ね備えた最強
軍団になった訳だが、今シーズンも
危なげなく西地区を制した。



ドジャースの投手陣を支えるのは、もちろん
カーショウ。今季の年俸は3000万ドル
越えるだけあって、やはり実力は抜きん
出ている。今季はグレインキーとのWエースで
相手打者を面白いように手玉に取った。

Clayton Kershaw 20151010

終わってみれば300奪三振を達成。
被打率も3年連続で1割台、さらに
232イニングを投げて四死球はわずか42
と、もはや無敵のレベル。しばらくは、
カーショウの時代が続きそうだ。



しかし、このカーショウ、唯一の弱点とも
言えるのが、プレーオフでの勝負弱さ。何故か
プレーオフの肝心な試合で勝てない。決して
マウンド度胸がないわけではないが、気負い
過ぎてしまうのか。



昨年もレギュラーシーズンで3度目の
サイ・ヤング賞を獲得したものの、
ディビジョン・シリーズに登板した2試合共
打たれてしまった。

Clayton Kershaw 201510101

そして昨年の雪辱を晴らす為、並々ならぬ
意気込みで臨んだ昨日のメッツ戦。相手投手の
デグロムと、壮絶な投げ合いを演じ、7回途中
まで11奪三振。しかし、7回に貴重な
追加点を与えてしまい、惜しくも敗退。



またもや勝利を手にする事はできなかった。



勝利のための条件が、すべて整っている
ドジャースにとって、地区優勝は当たり前。
ファンにとって、ワールドシリーズ進出が
最低条件だろう。

Dodgers fan 2014

1988年以来遠ざかっている世界一。
やはりキーマンは、カーショウなのかも
しれない。まずは、この左腕がプレーオフを
克服するのが最優先か・・・。



※カーショウのプレーオフ通算成績

1勝6敗 防御率4.99 57イニング
四死球22 WHIP1.23








【2】編集後記

スリランカの出張に向けて、

一眼レフの望遠レンズを購入

しようかと。

野生の動物や、世界遺産を

綺麗に撮影して、紅茶のパッケージや

販売ページに掲載しようと思っております。

スリランカが醸し出す、大自然の

ストーリーをお客様に感じて

頂ければと・・・。

Comment

No title
編集
こんばんは、
スリランカには猿の軍団がでしたっけ?(^^

敵もサルもの達、見てみたいような? お気をつけて !!
2015年10月12日(Mon) 12:16
Re: No title
編集
>赤とんぼさん

コメント有難うございます!

スリランカには、猿が大量に
おりますね^^;

時折、人を襲う事もあるそうなので
気をつけます(笑)
2015年10月12日(Mon) 21:59












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30